高効率床暖房システムの開発

高効率床暖房システムの開発

埼玉県先端産業創造プロジェクト  次世代住宅産業プロジェクト

技術の概要・特徴

潜熱蓄熱材(PCM)を用いた高効率床暖房システムで、各ライフスタイルに合わせて省エネを実現する製品を、各種技術を組込み複数のバリエーションで開発しています。

  • AIヒューマンセンサで人の微細な動きを捉え温めるゾーン制御技術の開発
  • 高効率ヒーターパネル(12mm厚,カーボンヒーター+潜熱蓄熱材+真空断熱材)の開発
  • 潜熱蓄熱材と高精度デジタル温度制御により過熱防止と速暖を両立する技術開発
  • 潜熱蓄熱材性能とパネル・ボードの適正構造による温水式とパッシブ系蓄熱建材の開発

新蓄熱床暖房システムの特長

  • 蓄えられた熱を床の温度に合わせ安全に取り出せる
  • エリア制御と加熱時に床下側に逃げる熱を回収保温することで加熱時間を約1/4に短縮省エネ可能
  • ヒーターを上側に配置し素早く暖房できる高効率12㎜厚のパネルヒーターで簡単設置

ビジネスアリーナ2019に出展